プリン体の多い納豆は痛風に影響するの?

納豆は健康食のイメージがありますが、
プリン体を多く含む食べ物でもあります。

納豆痛風持ちの人は控えたほうがよいのでしょうか?

私は納豆がけっこう好きで頻繁に食べます。

痛風 納豆

痛風持ちで食事制限をしていた頃も食べていました。

しかし、
調べてみると納豆は100g中に約110mgのプリン体を含み、
プリン体の多い食品に含まれるではありませんか!

プリン体は肉や魚介類に多いイメージがあったので意外でした!
健康食ということで痛風でも食べて大丈夫と決めつけていたのです。
納豆も食べちゃダメなのか~とショックを受けたのを覚えています。

私は痛風で食事制限をしていた時は、肉や魚を極力控えていたため、
タンパク質は植物性の大豆から摂ろうと意識していたのです。

ということもあり普段よりも納豆を食べる頻度が高くなっていて、
1週間連続で食べていた時などもありました。

食事制限をしていてもイマイチ痛風の症状が改善されなかったことがありましたし、
納豆も多少は影響していたのかもしれませんし、
だからと言って痛風が悪化する訳でもなかったので微妙です。
(当時はプリン体が多いと知ってすぐに食べるのをやめましたが^^;)

 

植物性食品のプリン体は痛風に影響しない?

ただし、植物性タンパク質の食品に含まれるプリン体は
あまり痛風には影響しないということも言われています。

私も調べてみましたが、全く影響しないかは分かりませんが、
少なくとも動物性タンパク質の食品よりは痛風への影響は少ないのは確かなようです。

つまり、植物性食品でもほうれん草やブロッコリー、干しシイタケなどは
痛風にも影響するようですが、植物性でもタンパク質の多い大豆食品などは
プリン体の含有量が多くても痛風への影響は少ないらしいです。

納豆だけではなく乾燥大豆や味噌なども比較的プリン体を多く含みますが、
あまり食べ過ぎなければ問題なにのかもしれません。

ただ、ネットの口コミを調べてみると「納豆を食べると痛風が悪化する」
というような人もいたので実際の所は謎な部分も多いようです。

私も納豆を食べてそれほど顕著に痛風に影響はしませんでしたし、
食べ過ぎだけに注意したほうがいいかもしれませんね。

 

痛風持ちを改善して食事制限から解放

私は痛風改善プログラム「痛風革命」を実践したことで、
痛風持ちを改善し辛い食事制限から抜け出すことができました^^

プリン体を気にする必要もなく好きな食事を楽しむことができます。
納豆も頻繁に食べますが痛風が再発することもありません!

あなたも痛風改善プログラムを試してみませんか?

>> 痛風改善プログラム「痛風革命」の実践レビューと効果

こちらで実践した効果などレビューしているので一度読んでみてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ