プリン体を多く含む食べ物を食べて後悔する痛風持ち

痛風持ちの人は、食事制限をしていてもつい
プリン体の多く含む食べ物を食べてしまい、

食べた後に痛風の症状が出たり悪化したりして
後悔する人も少なくないと思います。

私も痛風持ちだった頃はそのように後悔したことが何度もあります。

私はプリン体を多く含む食べ物は殆どが好きな食べ物なんです^^;

明太子とか白子、あんきも、などお酒のつまみになるものも好きですし、
イカ、タコ、レバー、牡蠣なども大好物です。

例えば私は痛風持ちだった頃、飲み会で牡蠣鍋が出てきたのです!

私は痛風だったので我慢しなければならなかったのですが、

「今日だけなら大丈夫だろう」

「少しくらい痛風の症状が出ても・・・」

といった感じで牡蠣を食べてしまったのです!

牡蠣鍋のスープもおいしくいただき、かなりの量のプリン体を摂取したと思います。

それによりやはり痛風が悪化してしまったのです!
足の指が赤黒くなってしまい、かなりの痛みを感じました。

痛風 プリン体

言うまでもなく、牡蠣を食べてしまったことに後悔しました。
食べていた時は美味しすぎて痛風のことなんて忘れていたんですけどね^^;

こうやって「少しなら大丈夫だろう」という感じで食事制限を破り、
痛風が悪化したり再発して後悔したことは何度もありました。

人間、一度覚えた味というのはなかなか忘れられないもので、
痛風により苦しむことになると分かっていてもついつい食べてしまうものです。

特にプリン体を多く含む食べ物は珍味という感じの食べ物も多く、
なかなかやめられないとまらないという感じなんですよね^^;

痛風持ちの人であれば同じような経験は何度もしているんじゃないでしょうか?

しかし、私は痛風の治療法を実践することにより、
痛風を完治させることができ食事制限からも解放されました^^

痛風改善プログラム「痛風革命」という治療法です。

こちらを実践することにより、プリン体を気にすることなく
好きな食事をしても痛風が再発することがなくなりました^^

>> 痛風改善プログラム「痛風革命」の実践レビューと効果

痛風による食事制限から解放されたい方は実践レビューを一度読んでみてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ