痛風の原因は運動不足?痛風と運動に関する注意点

痛風の原因には運動不足もあると言う人がいますが、
運動不足を解消することができれば痛風は治るのでしょうか?

痛風と運動に関する注意点です。

 

普段から運動していても痛風になる

結論から書きますと、運動不足を解消したからと
痛風が治るというわけではありません。

実はスポーツ選手でも痛風で悩む人が多いのです。

というのも、痛風の原因は尿酸値が高い状態(高尿酸血症)にあるのですが、
激しい運動をすると尿酸値は上昇してしまうのです。

なので、スポーツ選手のように普段から運動している人でも
痛風になるリスクはあり、運動すれば痛風にならないというのは間違いです。

 

運動がストレスになると痛風に逆効果

さらに普段運動しない人が痛風になったからと急に運動をすると、
かえってストレスになりやはり尿酸値上昇の原因となります。

ストレスも痛風に、尿酸値に大きく影響するのです。

運動をするなら息が上がらない程度の軽い運動がおすすめです。

あくまでも無理の程度の運動にして、
ストレスを解消するつもりで楽しくできる程度にしましょう。

痛風 運動

例えば1日5キロ以上ジョギングするとか、腹筋運動50回など、
ノルマを決めたりするとかえってストレスになりやすいですよね。

「運動しなくてはならない」とかストレスを感じるのであれば、
無理に運動しても痛風には逆効果となってしまうことを覚えておきましょう。

痛風 運動

楽しく、ストレス解消になる運動であれば痛風にも効果はあります。

 

運動しなくても痛風は治る

ちなみに私は1週間に1回か2回くらい腹筋運動をする程度で、
ジョギングなど外で運動することもありません。
ゴルフもしませんしスポーツも全くしません。

別に運動が苦手な訳ではなくむしろ好きなほうなのですが、
スポーツをする機会や場所もないといった感じです。

腹筋運動をするのは痛風の為ではなく、メタボ対策です。
お腹が出やすい体質なのでお腹が出ないように腹筋運動だけはしています。

つまり私は普段、殆ど運動していないのですが
それでも痛風は治りそれから再発もしていません。

適度な運動は痛風に効果がありますが、痛風を治すには
必ずしも運動が必要という訳ではありません。

私の痛風が治ったのはこちらのおかげでした。

>> 痛風改善プログラム「痛風革命」

正しい痛風の治し方を実践すれば辛い運動だったり食事制限は必要ありません。
痛風でお悩みの方は試してみてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ