痛風はお酒を飲まない人でも発症する

痛風お酒を飲む人に多いイメージがあると思います。

ではお酒を飲まない人は痛風にならないのでしょうか?

痛風 お酒を飲まない人

結論から書くと

痛風はお酒を飲まない人でも発症するする病気

ということです。

私も痛風もちだった頃に、禁酒だけして食事制限はしない
ということを試しましたが、やはり痛風が悪化しました。

もちろん、痛風になってから禁酒したのでなく、
はじめからお酒を殆んど飲まないという人でも痛風になります。

飲酒(アルコール)は尿酸値を上昇させるので痛風のリスクを高める
ということが分かっていますが、それよりも重要なのは食生活になります。

痛風と飲酒(アルコール)の関係はこちらを読んでみてください。
飲酒の痛風への影響について

痛風は食品の中に含まれるプリン体が大きく影響するので、
お酒を飲まない人でも痛風になることは珍しいことではありません。

 

毎日お酒を飲んでも痛風にならない体質

逆に言うと、毎日お酒を飲む人でも
全く痛風にならない人もいるわけです。

私も痛風もちを改善したことで、
お酒は特にビールが多いですがほぼ毎日飲んでいます。
それでも痛風の症状が出ることはありません。

痛風が完治してからは、
食生活も殆んど制限はしていませんが痛風は再発していません。

あなたも痛風を完治させて好きな食生活や
お酒を楽しめるようになりませんか?

こちらでそれが可能になりますよ!

>> 痛風改善プログラム「痛風革命」

私も大好きなビールが毎日飲めるようになって本当に良かったです^^

痛風が完治した

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ