ストレスも痛風の原因になる?ストレスが痛風を悪化させる

痛風はプリン体やお酒だけが原因と思われがちですが、
実はストレスも痛風に影響するようです。

痛風 ストレス

なぜストレスが痛風に影響するのでしょうか?

痛風は尿酸値が関係していて、尿酸値が高い状態(高尿酸血症)が
続くと痛風の症状が出てしまいます。

そしてストレスが尿酸値に影響してしまうのです。
ストレスが増えると尿酸値が上昇してしまいます。

痛風の人は禁酒をしたりプリン体を避ける食事を続けたり、
ストレスになる生活をしている人も少なくないと思います。

そういったストレスがかえって尿酸値を上昇させてしまい、
痛風が悪化してしまうということも考えられます。

食生活だけでなく普段の生活でストレスを溜めないようにすることも大切ですが、
やはり食生活というのはストレス発散にもなりますし大きく影響しますよね。

ストレス発散の為に暴飲暴食をするのは最悪ですが、
禁酒をしたり厳しい食事制限することも痛風にはマイナスになるかもしれません。

適度な飲酒は逆に尿酸値が下がるというデータもありますし、
過度なストレスになる飲酒や食事制限はおすすめしません。

お酒を飲みながらでもプリン体を避けない食事でも痛風は治ります。

私もほぼ毎日お酒を飲んでいますし食事制限はしていませんが、
それでも1年以上痛風が再発することはなく尿酸値も正常です。

痛風が完治した

ストレスなく痛風を完治させることができた方法はこちらです。

>> 痛風改善プログラム「痛風革命」

禁酒や食事制限などのストレスなしで痛風を治したい方におすすめです^^

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ