痛風になったことで健康的な生活に!痛風は生活習慣を変えるべきサイン

私は痛風になったことで生活習慣を見直すきっかけになりました。

その結果高尿酸血症が治り痛風も完治できたので、
痛風になったことが全て悪い事だと聞かれたらそうではありません。

今も毎日お酒は飲んでいるが、痛風になったことにより暴飲暴食は減へりました。

さすがに全く好き勝手に生活しても何もない
という都合の良いことはありません。

表に症状が出ない場合もありますし、気づいたら
手遅れだったり大病を患っているなんて恐れもあります。

痛風の原因である高尿酸血症も同じで、
高尿酸血症なら必ず痛風になるわけではありません。

でも痛風になれば高尿酸血症であることに気づきますし、
ある意味幸運とも言えます。

高尿酸血症と気付かずにそのまま不摂生を続けることで
腎障害など重い病気を併発してしまう恐れもあるからです。

そうなる前に痛風になったことで生活習慣を改めるきっかけになります。

人間、痛い思いをしないと変わろうとしないものです。

私がまさにそうで痛風になるまでは暴飲暴食が日常茶飯事でした。
でも痛風の痛みは本当に強烈で、二度と味わいたくないと
生活習慣を変えようと決心させられたのです。

結局、何度か油断したというか正しいケアを怠ったことで
何度も痛風の発作を経験し激痛に苦しんだのですが^^;

ただそういった苦しみを経験したことで正しいケアを実践するようになり、
痛風を完治させることができた、つまり尿酸値を正常に安定している今があるわけです。

痛風 完治

あなたも正しいケアにより痛風を完治させませんか?

こちらを実践することでそれが可能です。

>> 痛風改善プログラム「痛風革命」

痛風の症状だけでなく体の健康のことを意識してほしいと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ