痛風を病院で受診するとどうしてもらえるの?

自分が痛風だと思ったらまずは
病院で受診してみることをおすすめします。

痛風の場合、病院で受診すると
どのような治療に移るのでしょうか?

痛風 病院

自分で痛風だと思っても実際に病院で診察を受けてみると
痛風じゃないことも多いようです。

痛風に似ている症状の病気もいろいろとあるので、
まずは病気で受診してみましょう。

 

痛風は何科の病院で受診する?

痛風は何科の病院で受診すればよいのか?ですが
私の場合は内科の病院で受診しました。
内科以外でも整形外科や痛風科、泌尿器科などでも受診できるようです。

ここからは私の病院での受診の体験談です。

 

採血と採尿で検査

まず最初の受診では痛風の症状を見せて(私の場合は足の指)、
それから採尿と採血をし、その日は痛み止めの薬を処方されました。

痛風 治療

尿検査と血液検査の結果待ちということで再診し、
再診では検査の結果を教えてもらい改めて痛風だと診断されました。

私が受診した時は遅い時間だったので後日再診でしたが、
病院や時間によってはその日の内に検査結果を教えてもらえることもあります。

尿酸値などを知らされ、食事や飲酒に関する注意を受け、
尿酸値を下げる薬を処方されました。

それ以降は様子を見ながら
薬が切れたら病院に受診するといった感じです。

病院(医師)によって処方される薬や対処は多少違うと思いますし、
症状の重度によっては痛みどめの注射をうってもらうこともあるようです。

基本的には病院で受診すると薬物療法と食生活の指導になると思います。

 

痛風と尿酸値の関係

痛風は高尿酸血症が原因となります。

そういった意味でも病院で検査を受けることにより
血液中の尿酸値を計測しておくことはとても大事です。

もちろん、病院で処方された薬を飲めば痛風が完治する訳ではありませんが、
症状が本当に痛風によるものなのか知ることと、
自分の尿酸値など体の状態を知っておくことは治療するには大切なことです。

痛風は一度症状が治まっても再発することが多いですし、
症状だけを見るだけでは治療の効果なども分かりづらい部分が多いですからね。
治療の効果をより明確にする為にも検査は重要となってきます。

痛風になってまだ病院で受診したことがないという人は、
面倒くさがらずに一度は病院で診察を受けてみましょう。

痛風になるということは少なからず何かしら
自分の体に異常があるというサインでもあります。
重い病気を併発する恐れもあるので早めに受診してみてください。

私も採血は苦手なんですけどね^^;
体の為にも時々は検査を受けるようにしています。

ちなみに痛風を自力で治す方法についてはこちらに書いています。
痛風は自分で治せる!病院や薬に頼らない痛風の治療法

最初は病院で処方された薬を飲んで症状を抑えて、それから
根本的に痛風を治す治療に取り組むことをおすすめします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ