痛風の痛みが消えたから大丈夫?油断せずに痛風を根本的に治そう

痛風は発作が治まると痛みも腫れもなくなります。
ただし痛風の発作は不定期でやってくるので油断はできません。

痛風 完治

根本的に痛風を治すことで二度と痛風の発作が起こらないようにしましょう。

 

痛風の発作は10日程で治まる

痛風の発作は重度や人にもよりますが、だいたい5日~10日程で治まり、
そうなると腫れも痛みも殆どなくなり元通り生活できるようになります。

痛風の発作が酷い時、ピークの時は痛すぎて歩くこともできず、
仕事を休むことを余儀なくされてしまうこともあります。

それくらい痛風の痛みは辛いものです。

痛風の発作が治まり痛みがなくなると、痛みが辛かったこともあり、
それで痛風が治ったと安心してしまいがちです。

しかし、痛風というのは発作が不定期に起こります。
もちろん生活習慣にもよるのですが、根本的に痛風を治すか対策をしないと、
いつかまた痛風の発作が起き激痛に襲われることになってしまいます。

 

痛風を完治させるには高尿酸血症を治す必要がある

痛風の原因は高尿酸血症にあり、痛風を完治させる、つまり
二度と痛風発作が起こらないようにするには高尿酸血症を治す必要があります。

あるいは、薬により尿酸値を下げるという治療法もありますが、
薬を飲み続けないと尿酸値を正常値に安定させる効果は持続しないため、
薬に頼るだけでは根本的に高尿酸血症を治すことはできません。

私は薬に頼らずに高尿酸血症を治し痛風を完治させることができました。

それは痛風改善プログラム「痛風革命」のおかげでした。

痛風改善プログラムを実践することで尿酸値が正常値に安定するようになり、
それ以降、私は一度も痛風の発作が起こることはなくなりました^^

>> 痛風改善プログラム「痛風革命」の詳細はこちら

発作が治まったからと油断するのではなく、
二度と発作が起こらないよう根本的に痛風を治してしまいましょう^^

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ