痛風発作で歩けなくなるほどの激痛に襲われ時の対処法は?

痛風の発作が起きると患部が腫れて激痛に襲われることがあります。

痛風発作の対処法

酷い時は何もしなくてもかなりの痛みですし、
歩けなくなるほどの痛みになることがあります。

正直私は痛風の発作により仕事を休んだことも何度かあります。

痛風になったことがない人には「痛風くらいで休むなよ」と思うものだと思いますが、
痛風の発作が酷いと痛みで歩くことだけでも困難になることがありますし、
痛みで仕事どころじゃなくなるほど辛いです。

痛風持ちだと時々痛風の発作が起き、仕事が困難になるほど痛みや腫れが悪化し、
生活に支障が出てしまうことがあります。

 

痛風発作の対処法は?

痛風の発作が起きてしまったら薬を飲むなどして
安静にするのが第一の対処法となりますが、
人によってはそう簡単に仕事を休めない人もいると思います。

痛風発作の対処法は病院で処方される痛み止めの薬を飲むか、
病院で痛み止めの注射を射ってもらうかです。

効果は痛み止めの注射が一番効果があり即効性もあるようですが、
問題は痛みに耐えて病院まで行かないといけないということです^^;

痛み止めの薬は、一度病院で受診すればある程度の量を処方してもらえるので、
常備してあると痛風発作が起きた時に服用できるので便利です。

ただし痛み止めの薬を服用しても腫れは引きませんし完全に痛みが止まる訳ではありません。
薬にもよると思いますが、私の場合はボルタレンという痛み止めを飲んで、
飲んでから効果を感じるまで30分前後かかりました。

その時々でもありますが、薬を飲んでもかなり辛いです^^;
痛みが治まるのを待ち耐えるしかないという感じです。

仕事が休めない場合は病院や薬に頼って対処するしかないのが痛風発作です。

 

痛風体質を根本的に治す

痛風の発作が起きないようにするには、
痛風体質を根本的に治す必要があります。

つまり痛風を完治させるということになります。

世間では「痛風は完治しない」と言われていますが完治は可能です^^

私はこちらを実践して痛風が完治しました。

>> 痛風改善プログラム「痛風革命」

痛風改善プログラムを始めたことにより
私は痛風の発作が全く起きなくなりました。

二度と痛風発作を経験したくない人は試してみてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ