年末年始は痛風になりやすい時期?痛風を気にすることなく楽しむには

年末年始はクリスマスや忘年会、お正月、新年会など、
何かと痛風になりやすい、痛風が悪化しやすい時期かと思います。

お酒を飲む機会も増えますし、料理も
プリン体を含む食べ物が多くなるからです。

忘年会だったり新年会といった飲み会では
お酒をお飲む量も増えると思いますし、
料理(つまみ)もプリン体を多く含む食べ物が多くなりやすいです。

そして、特に気を付けなくてはいけないのがお正月のおせち料理です。

痛風 おせち

おせち料理は肉や魚介類も多くダシにかつお節を使う料理も多く、
けっこうプリン体を多く摂取してしまうことになることもあります。

もちろん「おせち料理」と一言で言ってもいろいろとありますから、
全てが痛風に影響するという訳ではないのですが、
エビなど魚貝類の多いおせちなどもありますし、
偏った食べ方をすると痛風が悪化してしまうことも考えられます。

おせち料理は保存がきくように塩分も高めになっているので、
そういう意味でも痛風持ちの人は注意したほうがいいかもしれません。

その他にも大晦日の年越しそば自体は問題はないのですが、
そばと一緒にエビの天ぷらを食べたりしますし、
とにかく年末年始は痛風には注意しなくてはいけない時期かもしれませんね。

痛風持ちの人はもちろんですが、今まで痛風になったことがなかった人も、
この時期にはじめて痛風の症状が出るという人も少なくないかもしれません。

 

痛風を気にせずに年末年始の食事を楽しむには?

痛風持ちの体質を改善、痛風を完治させることができれば、
年末年始はもちろん、痛風を気にせずに食事やお酒を楽しめるようになります。

「痛風を完治させるのは可能なの?」

と疑問に思う方はこちらを読んでみてください。
>> 痛風は食事制限や薬に頼るか痛風持ちを改善するか

痛風によりプリン体を気にしたり禁酒する必要がなくなりますよ^^

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ