痛風持ちにとって年末年始はある意味恐怖でした・・・

それが今では、全く痛風を心配することなく、飲み会でもおせち料理でも何でも好きに楽しめるようになりました^^

痛風 年末年始

年末年始は忘年会や新年会、クリスマスやお正月など、お酒を飲んだり、沢山食べたりする機会が多く、痛風の発作が起こりやすい時期かもしれません。

実際に私も痛風持ちだった頃は、年末年始に痛風の症状が悪化したり、発作が起こったことがありました。

本当は思いっきりお酒を飲んだり、プリン体を気にせずに好きなものを好きなだけ食べたいと思いながら、痛風が心配で食事制限をしたり、尿酸値を下げる薬はもちろん、いつ発作が起こっても大丈夫なように痛み止めの薬も手放せませんでした。

アルコールもそうですが、おせち等プリン体の多い食べ物を食べる機会も多く、痛風持ちの方にはやはり年末年始は要注意な時期と言えると思います。

運動して痛風が悪化!?運動と痛風の関係

年末年始で注意したいのはお酒や食べ物だけではありません。

痛風持ちの人は特にですが、年末年始に健康に気を使って慣れない運動をする人もけっこう多いです。

その運動が逆効果となって痛風が悪化したり、痛風の発作が起きてしまうパターンがあります!

痛風克服

慣れない人が急に運動をすると、ストレスによって血中尿酸値が急上昇してしまうからです。

普段から運動している場合でも、負荷の大きい筋トレであったり、激しい運動は尿酸値を上げてしまうので、一時的に考えると痛風にとっては逆効果になってしまう恐れがあります。

実際に私も激しい運動や筋トレをしたことで、痛風が悪化したり発作が起きたことがありました。それがまさか運動したことが原因だったとは、なかなか気づきませんでした^^;

特に普段運動する機会がない人にとって、運動をすることは大きなストレスとなってしまう恐れが大きいので注意が必要です。

年末年始に時間ができてジムに行ってみたり、筋トレしてみたり、または子供と遊んだり、張り切りすぎると尿酸値が急上昇し痛風が悪化してしまうケースは実際に多いようです。

痛風 運動

長い目で見れば、適度な運動はストレス解消になりますし、血中尿酸値が下がることも期待できますが、激しい運動や慣れていない人が急に運動するのは注意しなければなりません。

「年末年始は痛風改善の為にも運動しよう!」と張り切った結果、余計に年末年始に痛風で苦しむことになってしまうのは、何とも皮肉というか悲しいですよね^^;

痛風の心配なく年末年始を楽しめるようになった方法

既に書きましたが、痛風持ちだった以前の私は年末年始に痛風が悪化したり、食事制限を余儀なくされたり心配や苦痛の絶えない時期でした。

それが今では、食事制限も薬も必要なく、全く痛風の心配をする必要がなくなりました!血中尿酸値の数値は正常になり、痛風を完治させることができたからです。

痛風改善プログラム「痛風革命」

を知り実践したことで、尿酸値や痛風に悩むことがなくなりました^^

通院や薬も必要ないですし、厳しい食事制限や運動など苦痛になるようなこともありません。

知っていれば誰でも楽に実践できるような内容ですが、尿酸値を下げることができ、痛風にならなくなるプログラムです!

もちろん、暴飲暴食は尿酸値に関らず、健康的に良くないですし、痛風持ちでなくても年末年始は飲みすぎや食べ過ぎはほどほどにするべきですが、少なくとも痛風の心配をすることなく、好きに飲み食べられるようになったことは、以前を考えると本当に嬉しいです。

痛風が心配で食事制限していたり、薬を手放せないという方は是非実践してみてください。

痛風 年末年始

とても多くの実践者さんが痛風の悩みを克服してきているプログラムです。

>> 痛風改善プログラム「痛風革命」の詳細はこちら

この方法さえ知っていればもう痛風は怖くありません^^